ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

計画を振り返ってよかった。工夫が見つかったし優先順位を思いだすことができた。

こんにちは。

以前、長期的な目標に向けて現在の課題を解決する計画を立てました。

その途中経過を振り返ってみます。

 

振り返る計画はこちら

 

www.enjoy-the-life-of-adhd.com

 

 

色々やることが多く感じしんどくなっています。

(仕事、体重管理、キャリアコンサルタントの勉強、ロジカルシンキング、認知行動療法など、部屋の片づけ、子供のことなど)

 

でも、計画を振り返ることによって、やることの優先順位を思い出すことができました。

優先順位は計画に関わることで、具体的には後述の今月の目標にあげたこと。

 

それだけやっていればとりあえず前に進みます。

さらに、いろんな好循環が働くはずなので、他のこともほっといても進むと思います。

(心身の調子がよければ、なんだかんだ少しづつでも自然とやっているから)

 

やることが明確になってよかった!!

 

 

というわけで今日の内容は、2021年1月までの目標の振り返りと11月の目標についてです。

 

 

1、ストレスを自覚し対処を実行できている

 具体的な行動は以下の3つ。

  1. モニタリングを33回以上行い、ストレッサーを15個以上挙げる
  2. コーピングを33個挙げ試し、効果を記録する
  3. 週に一度相談し(妻、同僚、友人など)、続ける対策を決める

 

達成度は一部達成といったところ。

よかったところは、

  • モニタリングの具体的な回数は覚えていないのですが、ストレッサーは今のところ12個出している。
  • コーピングについては、こちらも回数は数えていないですが、10種類は試している。
  • 相談については週に一度はできている。

 

問題点は、

  • コーピングの効果と回数が不明瞭
  • 相談をもっとうまくやれたと思っている。
    問題が起きてからの相談になっている気がするし、もっと早めに的確に相談できたと思う。
  • 休みの日に眠たり、ネット小説や漫画を読んでしまって、日ごろのストレス発散の効果があるか疑問に感じている。

 

今月のトライとして

  • ストレスコーピングと効果を記録する表をつくったので、それに記録する。
    ⇒今日から。

  • 相談する際の表をつくり記入する。うまいことできているのか?いないのか?を明確にする。
    雲(そら)→雨→傘の考えを利用する。
    伝える内容としては、「現在の問題」→「こういうことが起こると思う」→「こうしたい。これで、いかがでしょうか?」

    www.enjoy-the-life-of-adhd.com

    ⇒表を11/7日までに作る 

  • 休みの日に1時間勉強する方法を5個挙げ2個試す。
    →11月7日まで

 

あと、目標を若干修正したいと思います。

ストレスを自覚し対処を実践することによって、休みの日に1時間自己研鑽することができている。

ただ、疑問が残ります。

  • 休みの日に1時間自己研鑽できないのは、本当なのか?
  • 本当だとしたら、それはストレスが原因なのか?他の原因はないのか?

 

 

2、健康的な習慣を12個あげ、習慣化に向け実行している

具体的な行動は以下の3つ。

  1. 現在の課題の解決策となり習慣にしたい項目を12個あげる。
  2. ルーティンチェック表に項目を記載し、チェックするために毎日8時55分にタイマーセットする。
  3. 月に一度チェック状況について妻と振り返えり、来月のチェック表を作成する。

 

よかった点は

  • 習慣にしたい項目を12個あげることができた
  • ルーティンチェック表に項目を記載し、8:55にタイマーをセットした。
  • ルーティンのチェックを妻と振り返り、来月のチェック表を作成した。
  • 食事の写真を撮って記録するが続いている。

問題点は

  • ルーティンチェック表が続かなかった。
    ←ルーティンチェック表がみつからなくなったから。
    ←その際に、まぁいいかと思ったから。

トライ

  • ルーティンチェック表を3枚印刷して、予備を家と会社においておく。
    ⇒11月5日まで
  • 身に着けたい習慣と目的をブログにアップする。
    ⇒11月11日まで

 

3、本人の希望を実現するためのステップを明確化している

具体的な行動は以下の3つ。

  1. 本人の希望を明確にするために、コラージュでやりたいことを視覚化する。
  2. 今回作成した個別支援計画を見せ相談し、改善策を5つ見つける。
  3. 本人の希望を実現するためのガントチャートを作成する。

 

よかった点は

  • コラージュに取り組めた
  • 改善策を3つ見つけることができた。
  • ガントチャート作成のためのソフトをためすことができた。

 問題点は

  • 具体的な月の目標がなかった。

トライは

  • 11月6日までにステップを明確にする目標を決める

 

11月の目標

  1. ルーティンチェック表を3枚印刷して、予備を家と会社においておく。(11月5日まで)
  2. 短期目標を達成するための目標を決める(11月6日まで)
  3. 相談する表を作る(11月7日まで)
  4. 休みの日に1時間勉強する方法を5個挙げ2個試す(11月7日まで)
  5. 身に着けたい習慣と目的をブログにアップする。(11月14日まで)
  6. ストレスコーピングの表に項目と効果を10個記入する(11月25日まで)
  7. モニタリングを行う(11月27日まで)