ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

遅延型アレルギー検査をしてみてよかった。1か月卵断ちしてみて、体の変化がどうなるか楽しみになった!

こんにちは。

心身共に健康的な習慣を身につけたいと思い、

(本音は腹筋割ってかっこよくなりたい、自分に自信を持ちたい)

パーソナルトレーニングを始めることにしました。

その初回が昨日。

 

そのジムを選んだ理由の1つに、遅延型アレルギーの検査をしてもらえることにあります。

遅延型フードアレルギー検査で
体に合う食材を知る。

自分の体質を知り、体に合った食生活を送るために、120項目の遅延型フードアレルギー検査を行います。この結果をもとに食事指導を行い、あなたに合った食事内容をご提案いたします

RACINEとは | 京都四条烏丸パーソナルジムRACINE

 

 

体にあった食事をすることで、パフォーマンスが変わるそうで、自分も試してみたくなったからです。

 

 

きっかけは、妻からテニスプレーヤーのジョコビッチ選手の本の内容を聴いたこと。

彼は、ウィンブルドン大会優勝カップを目指し、小さなころから人生のすべてをそのゴールに向けてささげてきたそう。

しかし、体調不良で苦しんでおり、空気を吸えるように鼻の手術をしたり、メンタルをよくするために薬やヨガもためしたけど、大事な試合で体調不良により棄権してしまう。

そんなときに効いたのが食事。

わずか 18か月で、私をだだの「そこそこいい選手」から「世界最高の選手」に生まれ変わらせたのは、新しいトレーニングプログラムではなかった。

私の無駄な体重を落とし、集中力を高め、生まれてこのかた最高の健康状態を作り出してくれたのは新しいラケットでも、新しい練習でも、新しいコーチでも、新しいスタイルのサーブでもなかった。

それは、新しい食事だった。

私の人生が大きく変わったのは、体にあった正しい食事を始め、体が求めるとおりに従ったからだ。

P31

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

 

 

 

やってみたい!!

 

ちなみに、ジョコビッチ選手はグルテンが体に合わなかったそう。

 

 そんなに劇的な変化はないかもしれないけれど、

自分のことをよく知りたい、少しでも楽にしたい、結果を出したい。

そう思いました。

 

 

また、ジムのトレーナーさんも湿疹がよくなったといわれていました。

検査をして卵を控えたほうがいいとの結果がでたので、3週間卵を抜いたそう。

すると、良くなった。

で、面白いのが「本当に卵を抜いたからなの?」と思い、1日6個卵をたべてみたそうです。

すると、湿疹がバーッて出たので、卵はよくないのかと実感したそう。

 

 

こんな感じで、遅延型アレルギー検査と自分に合った食事に興味がありました。

 

 

 

そして、僕が受けてみた結果、牛乳と卵白を避けたほうがよいとの結果。

牛乳はおなか壊すので、もともと飲みません。

 

卵は毎日2個は食べています。

多い時は6個くらい。。。

 

というわけで、10月中は卵を抜いてみます!!

どんな変化があるか楽しみです。

検査を受けてみてよかった、一か月後の体の変化が楽しみになった!