ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

色々やらなきゃと焦って、やる気がでなくてよかった。以前やった対策「掃除」の有効性を確認できた。

おはようございます。

目標を立てると、やらなきゃいけないことが増えてしまいます。

そうすると、悲しくなってきて、やる気も減ります。

もともと、やりたいことのはずなんですが、、、

 

今朝もやる気がしなくて、起きるのがおっくうでした。

(睡眠は8時間以上とってばっちり、疲労度も30と少なく、体調的には問題なし)

 

そんなとき、僕にとって効果があるのが掃除です。

理由は「自分が思うような、やらなければいけないことはない」「足元から始めよう、まず目の前の小さなことをやろう」と思え、焦りが減るからです。

 

掃除をすると、座禅体験ですっきり気持ちよく過ごせた体験と、その時触れて響いた言葉を思い出します。

 

「本来無一物」

仏語。事物はすべて本来空 (くう) であるから、執着すべきものは何一つないということ。禅宗でいう。

本来無一物(ほんらいむいちもつ)の意味 - goo国語辞書

 

脚下照顧

自分の足元をよくよく見よという意。もと禅家の語で、他に向かって悟りを追求せず、まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。転じて、他に向かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべきこと。また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけるべきことをいう。▽「脚下」は足元の意。転じて、本来の自分、自分自身。「照顧」は反省し、よく考える、また、よくよく見る意。「照顧脚下しょうこきゃっか」ともいう。

脚下照顧(きゃっかしょうこ)の意味・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

 

 

今日も動きだせてよかった。

ストレス対策が一つ確認できてよかった!!

これから焦る機会が増えると思うので、対策をまとめられてよかった!!

 

 

ちなみに、やる気が減ってやろうと決めたことができない、その流れは下の感じだと思います。

 

 

やりたいこと増える

→できていないことが増えたように感じる

→「もっとしっかりやれ」という頭の中の声

→「やらねば」

→「全部しっかりできない」「自分はダメだ」

→悲しくなってくる

→動き出すのがおっくうになる

→「もう無理」

→寝たり、スマホを見たりして、やることをやらない

 

この流れの中で、掃除をするとどう効くのか?

掃除以外にどんなアプローチがあるのか?

それはまたまとめていきたいです。