ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

やる気がでなかったけど、調べてみてよかった。海外研修の情報が見つかり、新しい目標ができた。

こんばんは。

 今日の朝はやる気がでなかったのですが、下の記事を書きやる気がアップ。

www.enjoy-the-life-of-adhd.com

 

やるべきことをやり始めることができました!

そうして調べ物をしていると、とっても自分好みの情報を発見。

新しい目標ができて、めちゃくちゃテンションが上がりました!!

 

それは、海外研修です!!

研修テーマを自分で考えて、応募して、選考に通ると、海外研修に行かせてもらえるみたいです!!

お金はほぼタダ!!

www.jra-umanushi-hukushi.or.jp

 

 

知り合いの大学の先生が、ソーシャルワーク発祥の地であるイギリスに行ってすごく感動したとおっしゃられていて、いつか僕もそういう経験したいと思っていました。

さらに、よくわからないのですが、ヨーロッパとかって福祉の先進国らしいですし、そういうところを見学して、自分の中の当たり前を当たり前じゃなくしたいです。

いろんな思い込みから自由になりたいです。

自分で幸せになる道を選べる、自分自身には力があるし力をつけることができる、などそういった確信を強くしたいです。

 

 

 

それに、今僕の支援力上の課題はいろいろあるのですが、そのひとつに制度や法律などの知識が弱い、というかあんまり興味がないことがあります。

その対策として、海外研修はすごく有効な気がします。

第一に、海外に行くには自分の国のことを知らないともったいないので、勉強を始めると思います。

第二に、その際に、日本だけだと無味乾燥になりがちですが、ほかの国と比較することで、なんでそうなんだろう?と疑問が湧いて愉しくなるかもしれません。

第三に、研究テーマを決めないと応募ができないので、その際に勉強することになるかも。

 

うん、目指すだけで、もっと仕事が愉しくなりそうです。

 

 何より、それに向けて自分自身がチャレンジすることで、利用者さんと目標達成に向けて一緒に成長していきたいです!!

その過程で、目標設定やスケジューリング、タスク管理、問題解決、よかった探し、習慣化などなど実戦で何度も使うことになると思います。

そこで気づいたことやコツなどを利用者さんと共有すれば、利用者さんのためにもなる。

だからこそ、自分ももっと頑張れる。

すごい好循環が生まれそうです。

 

めっちゃ愉しいことになりそうです。

具体的に知識や経験をどう利用者さんに役立てることができるのか?

社会に役立てることができるのか?

そのために、必要な情報は何か?

それを得るために研究するテーマは何か?

何を研修するべきなのか?

 

今後、いろいろ考えていきたいです。

 

 

 

ちょっとやる気がでなかったけど、調べてみてよかった。

とってもいい情報が見つかって、仕事がさらに愉しくなった!