ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

連休明けの仕事を愉しむために、大切に休みを過ごすマイルール

こんにちは。

明日から6連休です。

今まで休日出勤等の代休を取っていなかったので、休ませていただくことになりました。

 

さて、いかにこの休みを大切に使うか?

ず~っと寝て過ごしたらもったいないし、休みあけしんどくなってしまいます。

過去にあったことですが、ダラダラしてしまい、「やることがたくさんあるのに何もやっていない」と思ったことがあります。

そして、仕事に行きたくないと泣きそうになったあの日。。。

 

なので、とりあえず今回は以下のことを守りたいと思います。

  • 仕事に行く時間には起きること。(遅くとも朝7:30)

  • 布団をあげる。
    (なんとなくの二度寝を防ぐ)
    (布団を引き直して、お昼寝するのはOK)

  • やりたいことをあげて、その中からやることを決めること。
    (自分のために時間を使う!)
    割合の目安としては
    2日間は仕事に役立つこと。
    1日間は家族のためになること。
    1日間は本当に自分のためになること。
    1日間はおもいついた自分がやりたいこと。
    1日間は予備。

  • やることを決める際に、最初に計画した量の3分の1にすること。
    (自分は自分の能力を過信しがち。計画倒れして、もう無理、どうとでもなれ!と小説読んだり、ごろ寝しがち。そして後で後悔しがち)

 

このルールを守って、大切にすごします。

これを守ると、気兼ねなく休みをおもいっきり愉しめて、連休後の初日から仕事をおもいっきり愉しむことができるはずです。

ルールを考えてみてよかった!