ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

自分の心の声を聴いて整理してよかった。大丈夫。今日もやるぞ!って思えた。

おはようございます。

なんだか今日は気分がおもいです。

気分40、体調85、疲労度は40くらいです。

 

おそらく、頭の中が混乱していると思います。

少しでも整理できるよう、自分の心の声を聴いてみました。

そうして、頭を整理したら、愉しくなってきました!

そんな今日の内容です。

状況の説明とか配慮のない長文ですが、悪しからずです。

 

 

 

混乱していること

今の頭の中を占めていることを、とりあえず出してみると、

  • 来週までの習慣化の講義の資料作成終わっていない。終わるのかな?
    ヤバい。資料も作らないと。

  • 利用者さまに○○してみてほしいと思うのだけど、声の掛け方がよくわからない。
    まずは話を聴くことが大事だと思うけれど、きちんと聴けるかわからない。
    声かけることで、気分を害したり、状況が悪くなったら嫌だ。断られるのも怖い。

  • 職場のロッカーの整理ができていない。

  • 新しい講義の案も考えなくては。

  • 昨日、仕事がうまくできなかった。貢献できなかった。迷惑かけた。つまらない講義になった。お金はらう価値ない。通所する価値ないって思われた。声かけが上手くできなかった。通所を嫌いにならないでほしい。自分はダメだ。自分が大嫌い。

  • 昨日、やけ食いしてしまった。

 

書いていると、余計苦しくなってきました。

ちょっと、泣きそうです。

気分は25というところ。

感情としては、悲しさ、焦り、申し訳なさ。

 

中でも、一番苦しいのは、

  • 昨日、仕事がうまくできなかった。貢献できなかった。迷惑かけた。つまらない講義になった。お金はらう価値ない。通所する価値ないって思われた。声かけが上手くできなかった。通所を嫌いにならないでほしい。自分はダメだ。自分が大嫌い。

ここは時間がかかりそうなので、その他の対処をさっと考えます。

 

その前に、よかった探しをして、気分をあげようと思います。 

  • 今気づけてよかった。対策できる。
  • 早起きしてよかった。
  • ギリギリまで寝てたら混乱して職場に行っていたかも、そしたらしんどい気持ちで仕事することになったかも。
  • 昨日ストレス発散して、しっかり眠れてよかった。自分えらい。頑張った。

 

 

 

自分で解決できること

  • 職場のロッカーの整理ができていない。
    ⇒5分時間を作ってする。気晴らしやストレス発散にもなる。

  • 昨日、やけ食いしてしまった。
    ⇒ストレス発散できた。自分で対処できた。えらい!!
     大事なのは仕事。優先順位間違わなかった。えらい。

 

 

職場の上司に相談すること

  • 来週までの習慣化の講義の資料作成終わっていない。終わるのかな?
    ヤバい。資料も作らないと。
    ⇒進み具合と、最低すべきことの確認

  • 利用者さまに○○してみてほしいと思うのだけど、声の掛け方がよくわからない。
    まずは話を聴くことが大事だと思うけれど、きちんと聴けるかわからない。
    声かけることで、気分を害したり、状況が悪くなったら嫌だ。断られるのも怖い。
    ⇒相談の場をつくってもらう。

  • 新しい講義の案も考えなくては。
    ⇒そもそも今する必要ある?確認

 

えらい!

仕分けができた。

 

 

しんどい考えをたしかめてみる

  • 昨日、仕事がうまくできなかった。貢献できなかった。迷惑かけた。つまらない講義になった。お金はらう価値ない。通所する価値ないって思われた。声かけが上手くできなかった。通所を嫌いにならないでほしい。自分はダメだ。自分が大嫌い。

ここを考えたいと思います。

どこから手を付けていいものか。。。。

まず、認知のゆがみはありそうですね。

白黒、個人化、邪推、決めつけ、論理の飛躍、フィルターなどなど。

上のは考えで、事実ではないはず。

 

とりあえず、事実確認から。

仕事がうまくできなかったと思うのは、下の理由。

  • つまらない講義をしてしまった。
    (反応があまりなかった。なるほど、そうか、ためになる、笑いなど)

  • 声かけ間違えた。
    (1人の人に同じようなことを別の人から3回いって、しんどくなったかも。)

  • 来週の講義の資料作成が進まなかった。
    (10分も手を付けられなかった)

 

逆にうまくいったことを考えてみると

  • 講義で大事なことは伝えた
    (なんども同じことを繰り返し伝えることも大切。覚えて身につける必要があるから)
    (反応もまったくの0ではなく、あった)

  • 講義以外で声かけした
    (しんどいところの整理と、その場合の対処を一緒に考えることができた。笑顔をみることができた)

  • 声かけ
    (しんどくさせてしまったら本当に申し訳ない。ただ、その人にとっても大事なことなのは確か。また、その方は心身ともに安定していてしんどくなることないような方。今なら対処をためせるので、ある意味チャンスでもある。就職してからしんどくなるよりはいい。その意味ではうまくいったともいえる。)

  • 講義の資料作成
    仕事中はできなかったが、通勤中に案を考えたり、動画を見て学習したりした。進んでいないわけではない。

 

改善策

  • 講義をする前に目標をたてる。終わった後に振り返りをして、少しでも改善する。その習慣をつける。

  • 声かけについて相談する。
    (こういう意図で、ちょっと厳しめにやりたいことを確認していいか?)

  • 上司や同僚に相談する。

  • 今回の体験を勉強中のスキーマ療法的なモニタリングをして分析してみる。

自分への声かけ

最悪ということではないです。

がんばった部分もあるし、ダメじゃない部分もあります。

それに、ダメなことがあっても大丈夫。

それを見て共感してくれる人もいます。

改善する姿勢を見て、自分もやろうと思ってくれる人もいます。

ダメなところがあっても、働くことを愉しむことが大切。


そもそも、自分の好きなことについて話せること自体が楽しい。

それがごくわずかでも役に立っているのだから、こんなに愉しいことはない。

長く仕事を続ければ、改善していくし、そうすると、役にたてる回数が増えて、愉しいことが増える。

だから、大丈夫。

さあ、今日もおもいっきり愉しもう!!

 

 

自分の心の声を聴いて整理してよかった。大丈夫。今日もやるぞ!って思えた。