ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

ルーチンタイマーというアプリを使ってみてよかった、遅刻のヒヤヒヤが減って、やりたいことできて気分がいい!

おはようございます。

昨日から、利用者さんから教えてもらったルーチンタイマーというアプリを使い始めました。

ADHD の当事者が寝坊を防ぐために作ったアプリだそう。


このアプリを使うと朝がスムーズに楽しくすごせたので、簡単に紹介したいと思います。

ADHDのためのアプリ「ルーチンタイマー」 作ったのは「自分が困ってたから」 | おたくま経済新聞

 

 

何より大きいのは声かけ!

 

下のようにタスクを登録して、タイマーを開始すると、

f:id:awawa-min-ahaha:20200313082125j:image

 

 

 

こんな画面になり、タスク名、使える時間を音声で教えてくれるんです。

f:id:awawa-min-ahaha:20200313082155j:image

 

 

さらに、残り時間もアナウンス!

(残り時間が半分、1/4の時に?)

 

 

朝のルーティンのために、今はタスクシュートクラウドというソフト使っているのですが、声でのアナウンスがない(わからない?)ので気づいたら別のことをしていました。

また、タスクの時間や順番の組み替えが面倒でした。

けど、これは声かけがあるし、タスクの順番替えも簡単。

あと無料だし。

(もちろん、タスクシュートクラウドは時間の計測とか評価とか色々やれるので、素晴らしい)

 

しばらく、朝のルーティンはこちらをつかってみたいと思います。