ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

マイミッションとマイクレド(2018年9月28日版)

こんにちは。

今日はこんな内容です。

 

 

 

マイミッションとマイクレドで自責と後悔が減った

いきなりなんですが、僕はあれこれ好奇心のままに行動し自分を責めて悲しくなりがちです。

 

始めた瞬間はわくわくしていて楽しいのですが、翌日など時間が経つと「やりたくないなぁ、なんで始めたんだろう」と後悔。

結果「昨日や明日の自分は自分ではない!信用ならない!ほんと自分はダメ!」などと考え自責してしまうように。

 

特に昔はひどかったです。

ほぼ後悔。

 

たとえば、

  • 本を買ったが、熱がさめて読まない。
    (くわしい数字は分からないが、段ボール箱3箱分は確実に読まずに捨てた)

  • 新しく講座に申し込んだが、途中で飽きて止める。
    (通訳、インタビュー、目標達成、英会話、ジムなどなど)

そんな自分が、今は少しはマシになっています。

ブログも続いているし、新しく続けた仕事も半年続いています。

(しかもマイミッションにダイレクトに関わる仕事!)

何より、毎日が確実に愉しいです。

 

要因として色々あると思いますが、その一つにマイミッション・マイクレドを作成したことがあると断言できます。

 

マイミッションについてはまだまとめていないですが、マイクレドについてはこちらでまとめています。マイミッションについてもまとめようと思います。 

www.enjoy-the-life-of-adhd.com

 

 

僕は、ほぼ毎朝マイミッションとマイクレドを確認しているのですが、今日はそれらを書いたファイルを職場に忘れてきてしまいました。

いい機会なので、いつでもどこでも見返せるように、ブログにあげようと思います。

 

これで、どうしてもしんどい時なんか、トイレとかで確認したら、乗り越えられるかも。

よしよし。

 

 

 

 

マイミッション

人と比べ『自分はダメ。やるべき仕事もできないし、やりたいことをしても迷惑かける』と苦しんでいる人は少なくありません。


そんな人に『どんなことにも良い面があり、捉え方や行動のクセを変えれば、やりたいことができるし、それを人の喜びに繋げるとより楽しく生きやすくなっていく』というメッセージを示し、健康で自分を受容して幸せになる決断を続ける手助けを全力で行います。


結果、それぞれが仕事を心底愉しむ『カッコイイ大人』となり、それを見た人が『ああなりたい』と踏み出す循環が生まれれば、より素敵な世界になると信じています。

 

 

マイクレド

  1. コンディションを整え、絶好調で思いっきり愉しむ

  2. 自分と周りが幸せになる認知と行動を即断即決し、今に集中している

  3. 森羅万象皆我師 だれからでもどんなことからでも愉しむことを学ぶ

  4. Never too late いつでも今がはじまりのとき

  5. 時間とは限りある命。命を大切に

  6. 体調が悪くないかぎり、ひととの約束は必ず守る

  7. 自分から笑顔で聴いて聴いて聴き、あえて伝える愉しむ言葉

  8. 雨で洗われたかのような澄み渡った大きな心である

  9. 72時間以内に必ず一歩踏み出す

  10. 一生青春、生涯現役

  11. 一日ひとつ大切な仲間との感動の好循環を創造する

  12. 人の悪口は絶対に言わない(自分も含む)

 

 

今後やりたいこと

今後は、マイミッションとマイクレドの見直しをやりたいです。

特にマイミッション。

一年以上前に作成したもので、その際、文章は本の著者のものに大分影響を受けています。

ミッション自体ワクワクするし、これをやっていきたいと心から思えたものを書いてはいるのですが、もう少し自分の言葉で書きたいという気持ちがあります。

ちなみに、著者のマイミッションはこちら

『仕事は苦しいもの、我慢するもの』と思いながら経営をしている、小さな会社の社長は少なくありません。

 

僕は、そんな人たちに、『小さな会社もブランドをつくれば、今より仕事が断然楽しくなります』というメッセージを伝え、その会社を地域・業界でキラリと光るような存在にしていくサポートを全力で行っていきます。

 

その結果、経営者やスタッフが、仕事を心底楽しむ”かっこいい大人”になり、また、それを見た次世代が、『自分も、あんな大人になりたい』という循環が出来れば、この国の未来は、とても明るいものになると信じています。

P.223 

My Credo

My Credo

  • 作者:浜口 隆則,村尾 隆介
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2009/12/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

そっくりですね。

かなり影響をうけています。

 

あと、内容を詰め込みすぎな気がするので、もう少しシンプルにしたいです。

わかりづらい気がします。

どれもやりたいことなのですが、

  • 特に絞るなら何?
  • 共通点は何?
  • 一番大切なのは何?

などと自分に問を投げかけて、想いの純度を高めたいです。

 

 

マイミッションとマイクレドが、さらに効果のある愛着のわくものになりそうで、わくわくしてきました。

やればやるほど、愉しくなるって思えるって素晴らしい。

 

マイミッションとマイクレドを見直してよかった!