ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

もふもふであったかい毛布がほしい。

こんにちは。

昨日からぐっと京都は寒くなりました。

そんなとき恋しくなるのがお布団。

今は羽毛布団のみつかっています。

というか真夏以外全部それ。

 

そろそろ寒いし毛布がほしいです。

そう思いつつ、もう2年が過ぎようとしています。

なかなか決められない。。。

候補としては、ベビーアルパカの毛布。

 

というわけで、今回は頭の整理のために、ほしい毛布の条件をあげてみようと思います。

 

ほしい毛布の条件

ほしい毛布の条件を考えてみました。

  • 寝心地が良くて、睡眠の質が高くなるもの

  • あったかいもの

  • さわりごこちがよいもの(ちくちくしないもの)

  • くるまれるだけで気分がよくなるもの
    (心から好きなものを使っている満足感、安心感、感謝の気持ち、貢献感)

  • 長年使えるもの
    (丈夫であきないもの。使えば使うほど想い入れが深くなり、より好きになれるから。)

ベビーアルパカの毛布の特徴(予想)

この条件でいうと、ベビーアルパカの毛で作られた毛布かなと思っています。

かわいい。

アルパカ牧場行きたい。

 

 

追加の条件

できたら、↓の条件を満たすものがほしいです。

  • 使うたびに自然と身につけたいことなどを意識づけられ、よい未来を創っていると思えるもの
    愛用している箒を例にすると。作り手(over80才)がものづくり大好きで、それを続けるために筋トレやストレッチなどの体調管理に1時間以上時間を使っている。それを思い出し「一生大好きなことを仕事にしたい!そのためにコンディションを整えたい!」等と自然に思える。詳細はこちらをどうぞ。

    www.enjoy-the-life-of-adhd.com

     

  • 社会や環境によい活動をしている企業のもの

 

こんな条件にあてはまるものあるんでしょうか??

今年もかえずに終わるのかと不安にもなります。

でも、条件にあえるものに出会えたときの嬉しさは筆舌に尽くしがたいはず。

そこを目指して探していきます!

 

とりあえず次回は、条件の中から1つあげて調べてみます。

もしくは、ほしい商品をあげてみてそれを条件に当てはめていきます。

方針が決まってよかった!