ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

論理力が弱いと思ってよかった。本を読んで「ソラ、アメ、カサ」を見つけ、論理力のトレーニングをしようとおもえた。

こんにちは。

最近の自分の課題は色々ありますが、大きなもの1つに論理力があります。

説明するのが下手だし、考えるのも下手。

日々積み重なっていかない。

ぐるぐる回っている感じです。

同じ間違いを繰り返しているような気がします。

 

もちろん、これは思い込みで、実際は徐々に成長していると思います。

けど、それがきちんと説明できない。

 

色々要因があると思うのですが、その一つに論理力の少なさがあると思います。

 

。。。。

ここまで書いていてなんなんですが、全然、論理的に説明できない!!!

なんで論理的な説明できないと積み重なっていかないの??

もやもやする!!

 

混乱しております。

 

とりあえず、そんな状況で見つけた本の一節を紹介します。

ホウレンソウには限界があります。

稼げる人は、ホウレンソウではなく、「ソラ、アメ、クモ」で上司と接すのです。

これは、マッキンゼーの日本オフィスが考案した思考のフレームワークで、「ソラ」は今の状況・事実、「アメ」はその状況下で何が起きるか・何が問題になるか、「カサ」は問題に対処する打ち手や行動を指します。

 

①ソラ……観察力。事実を数多く見つける力

②アメ……洞察力。目には見えないもの(原因、事実の影響、将来の予測、課題、共通法則)を見出す力

③カサ……発想・行動力。打ち手や行動を生み出す力

「空を見ると曇っていて(事実)、雨が降りそうだから(洞察)、傘を持って出かける(打ち手・行動)、そうすればもし雨が降ってきても傘をさして濡れずに済む」といった具合に、この「ソラ、アメ、カサ」が3点セットで揃っていると、事実をもとに論理的に判断・納得して行動につなげることができるのです

出典:138、139 ページ

稼げる人稼げない人の習慣 (日経ビジネス人文庫)

稼げる人稼げない人の習慣 (日経ビジネス人文庫)

 

 

 

「ソラ、アメ、カサ」が3点セットで揃っていると、事実をもとに論理的に判断・納得して行動につなげることができる

もやもやしていたことがすっきりしました。

知りたいことは、これですね!

 

今後やる事

  • 今回のブログの内容について、ソラ、アメ、カサをやってみる。
  • 納得する行動を見つける
  • ブログでアメ(認識)について書くことによって、明日の自分とその認識がずれないようにする。
  • 着実に成長する。成長していると納得する。