ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

タスクシュートクラウドを使ってみる!

おはようございます。

11月の目標の一つに、ルーティンチェック表でチェック率70%というのがあります。

ルーティンチェック表とは習慣にしたいことを表にして、毎日行動を行ったかどうかチェックします。

たとえば、

  • 朝起きて運動(今月はラジオ体操第二をやる)
  • マイミッション、マイクレド、目標を見返す
  • PDCAを回すため、日誌に振り返りを記入する
  • 明日の予定を立て、持ち物を準備する
  • 寝る前の5分のストレッチ
  • などなど

 

それによって、大事なことを意識せずに労力をかけずにできるよう、習慣化を目指します。

(ちなみに、なぜそうするかというと、達成感や貢献感、満足感や納得感などを味わいたいからです。)

 

 

ただ、新しいル-ティンを作ろうと思ったら、その分何かの時間を減らさなくてはいけません。

本当に一瞬ですむようなものならば、大丈夫ですが(人と話すときは笑顔で6秒わらいかけるなど)、ブログを30分作成するなどは、なかなか時間の捻出が難しいです。

 

そこで、まずは何にどれだけ時間をかけているのか把握したい!!

ということで、タスクシュートクラウドというのをやり始めました。

まだ、利用登録しただけで、詳細はよくわかりませんが楽しみです!

下のような嬉しいことが起こるらしいです。

たのしみ!!

新しいことに試してみるのは楽しい!って気づけてよかった!

  • やる気が湧いてくる
  • やり忘れタスクがなくなる
  • 過去を振り返ることができる
  • 時間の使い方のクセがわかる
  • 就寝時刻(1日が終わる時刻)がわかる
  • ハイスピードで自己成長できる
  • 自分を信じられるようになる

TaskChute Cloudがローンチされた2016年8月から使っている僕は、もうTaskChute Cloudがないと生活が難しくなっています。怠惰な生活、物忘れが多い人生へと変わってしまうのです。ある意味では、TaskChute Cloudに依存しきった生活となっています。

それほどまでに、TaskChute Cloudを使うメリットは大きいのです。使い込むまでは、24時間365日のライフログを取ることの効果が、ここまで大きいとは想像もしていませんでした。

【TaskChute Cloudの使い方まとめ】初心者脱却までの10のステップ~タスクシュートクラウド~ | ぞの.jp

 

 

11月の目標にないことをいきなりやってしまった。。

けど、ブログをかけてよかった!