ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

10月の振り返りと11月の目標

こんばんは。

もう10月が終わりますね。

ということで、恒例(?)の振り返り。

簡単で、抽象的で説明がなく、自分のための備忘録です。

それでも、今月はよかったなぁ来月も楽しみ!って思えました。

振り返れてよかった!

 

よかったこと

10月でよかったことは、色々あります。

あえて3つに絞るのなら、

 

①就労移行支援施設の利用者さまと、今までの人生で大切にしてきたことについて話せたこと。

かつ、それをふまえたワクワクする未来についてアイディアを出し合って形づくり、そのわくわく度合いが100点満点と嬉しそうに言ってもらえたこと。

 

②天職につく方法を書いた本と出会えたこと。著者と話すことができて、良い言葉をいただけた。

 

③ボルダリングで2級の課題が登れたこと。1ヶ月ほど練習したのでとっても嬉しかった。

 

今月もがんばったし、おもしろかった!!

 

 

よかったことの要因

要因としては

  1. 目標を設定して、それを意識して行動できたこと
  2. 利用者の話をよく聴くように意識したこと
  3. 原田メソッドの方法を役立てたこと
  4. ジムに通うことを決断したこと
  5. 懸垂を3日ごとにやっていたこと

 

などなど。

 

 

問題だったこと

問題だったこともあります。

  1. ここ2週間ほど仕事するのがしんどいことがあった。楽しめなかったことがあった。ストレスで暴食した。太ったしお金がかかった。
  2. スキーマとモードのモニタリングできなかった
  3. ブログを書くことでどうなりたい姿につながるかを明確にできなかった。
  4. ACTのワークを記事にできなかった。
  5. 睡眠の質をあげられなかった

 

これをどうにかしたら、来月はもっと愉しくなる!

 

問題の要因

  1. ルーティンチェック表を活用しなかった。→セルフケアを怠たり、生活リズムも崩れた、仕事のパフォーマンスも落ちたと思う
  2. 仕事のストレスを貯めてしまった
  3. 寝不足やストレスなどで、決断力や段取力が低下した

 

 

来月の目標

よかったことと問題の要因を踏まえて、目標を決めます。

 

11月の目標は

  1. ルーティンチェック表の達成率70%
  2. ルーティンチェック表の項目を記事にあげる
  3. ブログでよかった探しを5回する
  4. あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析

    のワークを3つやる
  5. 利用者さまにワークの内容を話し、行っていただいて納得感80以上。
  6. 利用者さまに、障害特性の困りごととその対処、配慮をまとめた表を作っていただき、それに対する安心度合い80と言っていただく。
  7. 睡眠分析で87点だす。
  8. ストレスで食べる前に、ストレス発散を試す。11種類。結果をブログに書く。
  9. ラジオ体操について記事を書く。
  10. 起床時にラジオ体操第二を行って目を覚ます。5回

 

 

よし、今月も色々しんどかったけど、がんばれたしよかった。愉しめた。

来月も愉しもうっと。

 

振り返れてよかった!