ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

何をやろうか迷ってしまって、もやもや苦しくてよかった。

おはようございます。

最近ようやく会社に通うということに少しですが慣れてきました。

(2019年五月から3年ぶりに働き始めています)

そうすると、欲がでてきます。

余裕があるし、あれができるかな?やりたいな。

仕方ないですよね。人間だもの。。。

 

少しやりたいことがでると、連鎖的にやりたいことが膨れ上がっていきます。

あれもやりたい、これもやりたい、もっとやりたい。

ADHD脳だもの。。。

 

ただ、時間も体力もお金も有限です。

どれからやればいいのだろうか??

迷ってしまって決められない。

もやもやして、今に集中できません!

バカらしいかもしれませんが、僕にとって結構ストレスです。

そんな自分が嫌になります。

 

よかったこと

そんな時にはいつものよかった探し。

何をやろうか迷って決められなくてもやもやしてよかった。

  • 何やろうか考える余裕がでてきたということ。そこまで仕事を続けられている証。えらい!
  • 迷うほどやりたいことがあるのは素晴らしいこと。意欲が高い証。好奇心旺盛。
  • ストレスに気づけてよかった。気づかずため込んでダウンしてしまっていたことがあったので、ずいぶん成長した。
  • 対処方法を考えるきっかけになった。いつか方法を洗練させて伝えることで同じ悩みを持つ人の手助けをすることができる。

対処方針

  1. よかった探しで気分を切り替える→OK
  2. (余裕があれば、なければいい)過去のブログを読み返す
  3. やりたいことをブログに書き出す(30分)
  4. 価値観とマイミッションに従って、優先順位を決める(5分)
  5. 相談する(5分)

 

ちょっと、すっきりしました。

迷ってよかった!