ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

価値はコンパス

おはようございます。

 

最近、価値観について考えています。

 

自分の良し悪しの判断の基準は何だろう?

何があれば満足するのだろう?

どうしたら幸せを感じるのだろう?

人生の目的って何だろう?

人生のゴールって何だろう?

 

それがわかれば、やりたいことがより明確になって、スッキリするはず。

さらに、何かやりたくないことをするときも価値観に紐付けることで充実度を上げることができるはず。

 

ただ、なんだかモヤモヤしている部分もありました。

 

そんな時にある本のこんなことが響きました。

 

価値とはコンパスのようなものです。

コンパスがあれば方角がわかるので、移動中、進路から外れる心配がありません。

価値も人生という旅路において、同じ役割を果たします。

価値があれば進みたい方向が決まりますし、道に迷うことなくそちらへ進んで行くことができます。

ですから、私たちが価値に基づいて行動するとき、それは例えば、西に向かって進んでいるようなものです。

西に向かってどれだけ進んでも、絶対に西にたどり着くことはできませんよね。

必ずその先があります。

一方ゴールというのは、あなたが西へ向かう旅の途中にやろうと思っていることです。

見たい風景があるとか、登りたい山があるとか、それがゴールです。

p324

よくわかるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー) 明日からつかえるACT入門

よくわかるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー) 明日からつかえるACT入門

  • 作者: ラス・ハリス,武藤崇,岩淵デボラ,本多篤,寺田久美子,川島寛子
  • 出版社/メーカー: 星和書店
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

どんなに西に向かっても西にたどり着くことはないってところが響きました。

人生においてやり続けたいこと、それが価値。

たどり着けなくてもやりたいこと。

とにかく西に行きたい。そんなふうに思うことが自分の価値。

なんだか腑に落ちます。

 

嫌だと思う仕事をすることになっても、それが西に向かっているとわかれば、少しはマシになるかもしれません。

 

僕の西はどっち?