ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

DAIGOの片づけ本を読んでよかった!片付けして、大好きなモノにエネルギーを集中したいと思った。

こんにちは。

整理整頓が苦手で、部屋が荒れているよっんです。

片づけよう片づけようと思いつつも、ついつい先延ばし。

この日曜日も片付けようと思ったのですが、やりませんでした。

 

というわけで、今日は片付けたくなることを目指してブログを書いてみます。

そんな今日の内容です

 

 

年間150時間?

いきなりなんですが、年間150時間。

これ、なんの数字だと思いますか?

ヒントは片付けに関係ある数字です。

ちなみに6日と6時間です。 

長いですよね。

 

 

下の本によると、「ビジネスパーソンが探しものをしている時間」だそうです。

 

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

 

 ネットで調べてみたら、どうやら大塚商会というIT関連の企業が調査したそうです。

 

 

1日に直すと25分くらい。

みなさんはこの時間をどう思いますか?

こんなに探していますか?いませんか?

長いですか?短いですか?

 

 

モノをよく無くす

僕はこれくらい探している気がします。

整理整頓が苦手で、部屋は荒れています。

そのせいか、先日も通帳を探して10分ほどかけました。

スマホが見つからず3分ほど探すこともよくあります。

他にも細々したもの(書類なんか)を探していたら、30分は行きそうです。

 

 

さらにいうと、見つかればまだいいのですが、見つからないことも多々あります。

たとえば、あるポイントカードは1時間以上探したけどダメでした。

(結局、ポイントを貯めることができず3000円ほど損)

他にも、診察券やハローワークのカードなどなど。。。

 

 

こんな時間は嫌だ!! 

モノを探すのに年間150時間は長いです。

丸6日あったら、海外旅行も行けます!!

みなさんも、使いたかった有給、消えていった有給など、色々あると思います。。

 

さらに、モノを探している時間自体が嫌です。

  • 見つからない!っイライラしたり
  • いつもいつも何しているんだろう?って思って悲しくなったり
  • 出発前だと遅刻しないか不安になったり

とってもストレスフルです。 

 

 

その時間があったら!

この時間があったら何をしますか?

マンガだと僕の場合600冊は読めます。

映画だと100本ほど。

 

生まれて30年以上。

小さいころから片付けなさいと言われ育ってきました。。

そのストレスや探しモノに掛けた時間はいかほどか。。。

悔しい。。。

 

 

さらにいうと、

ある分野について、一通りの専門分野を身につけるには1000時間必要ともいわれているそう。

もし片付けの時間がなくなって、その時間を7年半使ったら、なりたかった分野のプロになれるかもしれません!

カウンセリングやコーチング、ヨガ、ブログ、営業色々身につけたいことあります!!

 

 

 

そう思うと、だんだん探しモノをしている時間が惜しくなってきました。

整理整頓ができるようになりたい!!

そのためにも、部屋の片づけして練習したい!!

 

 

いるだけで幸せな気持ちになる部屋にしたい!!

部屋を片付けると、どんないいことがあるか?

 

僕の場合、お気に入りのものを使うとそれだけで幸せな気分になります。

たとえば、万年筆、箒、メガネ。

  

www.enjoy-the-life-of-adhd.com

 

www.enjoy-the-life-of-adhd.com

 

 

そういったものにあふれた部屋にすることができたらどうでしょう?

まず、いらないもので一杯で捨てなきゃとか、自分はダメだなって思ったりしない。

 

目を向けたら大好きなモノで一杯。

探しモノがすぐ見つかって、使いたい大好きなモノがすぐ使える。

すぐ幸せな気持ちになれる。

 

いるだけでとっても幸せな気持ちになって、ストレスも発散できる。

そんな部屋にできそうです!!

 

 

今日やること

前述した本で、次に響いたのがこちら。

5秒で片付けられるように場所を決める

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

 

片付けられないのは、場所が決まっていないから。

すぐ大好きなモノが使えるように、それらの場所を決めていきます。

まずは、大好きな「万年筆」と「メガネ」の定位置をきめます!

そして、それを使う幸せに集中します!

 

 

P.S.  

ずれるのですが、少し考えてみたら自分的に面白い発見が!

 

場所が決まっていないのは、モノが多くて決めきれないから。

そして、モノが多いのは、捨てきれないから。

捨てきれないのは、捨てるのが悲しくなるから。

捨てるのが悲しいのは、捨てられるモノに共感しているから!?

⇒つまり優しい!?他人の痛みがわかる!?

 

部屋を片付けられない人は優しい人なのかも!!

ここ、しっかり考えてみたいです。

 

整理整頓が苦手でよかった!!

新しい長所を発見できたかも?