ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

自分の取扱説明書作成の方針

こんにちは。

いきなりなんですが、「自分の活かし方」って把握していますか?

 

自分が、

  • どんな特性を持っていて
  • 何が得意で
  • 何が苦手で

これらを理解すると、スムーズに事が運びそうですよね。

 

 

そして、僕にとってなにより重要だって思うのは、

  • どんな人でありたいのか?
  • どんなことをやりたいのか?
  • どんな方法で実現したいのか?

などの目的のようなものです。

 

いくらスムーズに事態が進んだとしても、望む方向にいかないと、二度手間になってしまいます。

むなしくもなります。。。

 

もちろん、二度手間でも失敗してもOKだとおもいます。

学べますし、どんなことにも良かったことはありますし。

ただ、もう失敗は沢山してきのでお腹いっぱいです(笑)

 

あと、自分の根本的な考え方に「効率よくやるべき、ダメな自分はできない」などがあるかもしれません。

とにかく、「この通りにやれば大丈夫!」って安心や自信がうまれるものがほしい!!

 

そこで、そういうことをまとめた自分の「取扱説明書Ver.1の作成」を今月の目標にしています。

 

www.enjoy-the-life-of-adhd.com

 

項目案

今考えている項目としては、こんな感じです。

  1. 生きる目的やあり方(マイミッションとマイクレド)
  2. 自分の特性(発達障害、認知のゆがみの傾向、自分の信念なども入れたい)
  3. 自分の長所
  4. 自分の短所
  5. 短所のカバー方法と長所の活かし方(自分でできるものと、人にお願いするもの)
  6. メンテナンス方法(ストレスコーピング集)

 

自分の信念なんかを深堀すると、とっても時間がかかると思います。

なので、仮説でもいいので、とにかく作ってみます。

 

要は、少しでも生きるのが楽になって愉しむことができたらいいので。

完璧主義はなく完了主義!!