ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

忘年会申し込んでよかった。過去の苦い思い出を教訓にかえることができて、今後の忘年会を愉しめる気がする!

おはようございます。

もう忘年会のシーズンですね。

忘年会といえば、思い出すのが前職での苦い思い出。。。

しかし、今日は久しぶりに忘年会に参加します。

そこで、忘年会の注意点をまとめたいと思います。

参加を決めたおかげで、自分なりにまとめられて、よかった!

 

忘年会の苦い思い出

前職では、もう本当に、ひどいものでした。。。

マイナス思考の固まりだったので、忘年会行ったら、絶対嫌なことが起きると思ってビクビクしてました。

  • 仕事ができないから、それについて怒られる。
  • 変なこと言って失言するから、相手の気分を悪くする。
  • お邪魔虫な自分がその場にいると、場の空気が悪くなって、盛り下がる。
  • お酒を飲んで、テンション高くなって、しゃべりすぎる。
  • テンションに任せて2次会に繰り出し、風邪をひいて、師走の繁忙期に2日以上休む。

などなど。。。

今思うと冷や汗が。。。

 

忘年会をより辛くさせる思考のクセ

今思いかえすと、思考のクセがすごいでてます。

そのおかげで、確かに失言は減ったかもしれませんけど、その場にあった歓びを見逃してしまっていて、もったいないです。

今、言えることは、

  • 別に失敗したら失敗してもそれでOK
  • 失敗したからこそ学べることもあるから、たまにはOK。
  • そういう自分がいいと思ってくれる人もいる
  • だから、その場を思いっきり愉しもう!

っていうことです。

今まで、失敗してよかった!!

 

さて、なぜ、こんな事をつらつら書いているかというと、

今日、久しぶりに忘年会に参加するからです。

いつぶりでしょうか???

 

今日は、発達障がいの勉強グループで、発達障がいサポータ講座などを開催されている団体さんの忘年会に参加してきます。

 

よし、愉しむぞ!!

不安を減らして、気がねなく、おもいっきり愉しむために、注意点をまとめておきます。

 

忘年会の注意点

  • 自分から笑顔で聴いて聴いて聴き、あえて伝える愉しむ言葉
    ちなみに、マイクレドです(笑)
    話したいことが沢山あるのは分かります。
    でも、話すぎて沢山失敗しました。
    どうせならもっとその場を愉しみたいですよね。
    どうせなら、相手の心に響く、相手の興味・望みにマッチする言葉を使って、その時のメンバーでしかできない話で盛り上がりたいですよね。
    だから、相手の話を聴いてそれらを理解したうえで、あえて言葉を伝えてみる。
    それを今日は意識してみる!
    あまり話せなくても今日はOK

    もし、来年の豊富は?とか、やりたいことある?って聞かれたら、勉強会で陽転思考体験会をやらせてくださいって伝える!

  • 帰るときに万年筆があるか確認する。

     詳細はこちら↓

    awawa-min-ahaha.hatenablog.com

     



  • どんなに楽しくても、2次会は参加しない
    自分は寝不足になるとすぐ、体調が悪くなる。
    せっかくの楽しい忘年会、いろいろ発見があるはず、それを明日からの毎日に早速活かし、取り組むためにも、今日は早く寝る。
    19時開始だから、21時には帰る。
    そのアラームセット完了。

    万年筆確認して、愉しかったお礼をつたえて、かえる!!

よし、愉しくなるぞ~~

忘年会申し込んでよかった!