ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

採用試験に応募したけど、落ちたらどうしようと不安になってよかった。

こんばんは。

ついに採用試験に応募し始めました。

一昨日に今日と、療育と就労移行支援の2社に応募しました。

 

ウツ、発達障害、ブランク期間が2年以上と、大丈夫かな?って、今更ながら心配になってきました。笑

 

ただ、不思議とやりきった感はあります。

これで落ちたら仕方ない。

やれることはやってる。

 

そうは言っても、落ちた時のダメージはでかそうです。

想像するとじんわり冷や汗が。。。

 

ということで、ビビりな僕は落ちたことにして、よかった探しをします。

  • こんな時に、よかった探しをできる自分でよかった。ダメージの準備する、つまり、先のことを考えて動けるようになっていてよかった。
  • 落ちたとしても、書類作成を通して自分のミッションやそれに関する想いを強くすることができてよかった。
  • 業界に関する知識が増えてよかった。
  • 書類の書き方を勉強できてよかった。次回は早く質よく作成できる。
  • 落ちた時の辛さがわかってよかった。エネルギーをかけたことが達成できないことの辛さがわってよかった。同じ境遇の人に共感できる。
  • その辛さをのりこえると、就労移行支援員として、採用試験を受けることに不安を感じる人に説得力のある勇気づけができる。
  • よかった探しの素晴らしいネタになる。この頃、よかった探しになれてきて、あんまりダメージを受けてないからちょうどいい。
  • 失敗したことで、感情をエネルギーに、その要因を探し対策することができる。成長のチャンス!

 

楽しくなってきました。

さぁ、失敗どんとこい!!