ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

遠いけど行ってみたいと思ったお店に万年筆を買いに行ってよかった。人生100年時代を愉しめる自信が増した!

こんにちは。

以前の記事で書いた目標「万年筆を買う」達成できました!

 

awawa-min-ahaha.hatenablog.com

 

やっと買うことができました。

買おうと思ってそろそろ2年。

長かった~ 

awawa-min-ahaha.hatenablog.com

 

 

 

 

先日は、購入に1時間ほど時間がかかるという予定をたてていたんです。

(買うものも決めているし家の近くのヨドバシカメラで買えばそれくらい)

でも、往復3時間以上かかるけど、前から行ってみたかったお店に行くことにしました。

(他にもやることがあるのでは?という心の声も聞こえたのですが、即断即決で!)

 

結果、とっても素晴らしい買い物ができました。

ちなみにお迎えしたのはペリカンのスーベレーンM405。

お気に入りすぎて「レーゲンさん」と名づけました(笑)

このペンはみるだけでも幸せだし、使えば使うほど好きになって、どんどん幸せになるという妙な自信があります。笑

手入れをすれば孫の代でも持つといわれる万年筆。

100年時代の心づよい相棒ができました。

f:id:awawa-min-ahaha:20181115085427j:image

  

直感にしたがって即断即決してよかった!!

 

 

 

 

遠いけど気になった万年筆屋さんで買ってよかった

行ったお店はこちらのモリタ万年筆さん。

www.morita.ne.jp

京都の自宅からは往復3時間かかるけど、素敵な買い物ができたのでよかったです。

 

  • 遠かったから行きの電車の中で、「万年筆を買う目的」と「使えばどんなうれしいことが起こるか」を考えることができた。

  • 起こるとうれしい妄想の一つに「世界中の万年筆好きの人と仲良くなる。そして平和に貢献する。」ということを思いつけた。

  • お店で万年筆を見ていたら、フィリピンから観光に来た人と話すきっかけがあって、万年筆話で盛り上がった。
    昨日もこのお店に来て、僕の万年筆と同じものを買ったそう。
    選んだ理由とか、万年筆の好きなところとか、インクのこととか色々話せた。
    好きなモノについて話せるだけでたのしいのに、異文化の人と共に愉しむことができて、幸せな時間だった。

  • 海外旅行行きたくなった!

  • 万年筆を好きなんだろうなぁという店主さんから、色々お話を伺って、納得して買うことができた。

 

万年筆のお手入れと注意点を教えてもらえた。大切に使うとADHDの特性とうまく付き合えるかもって希望がわいた

毎日使うこと

毎日使わないと、インクが古くなってしまうみたいです。

その古くなったインクがメッキ部分につくと、塗装がはがれてしまうこともあるようです。

これは、自分にとってはうれしいことです。

 

なぜって、ADHDの暮らしを愉しむために、生活習慣チェック表やよかった探し、日誌など、毎日ペンを使って書きたいものが沢山あるんです。

ただ、時々面倒にもなるので、その背中を押してもらえる感じがします。

ありがとう!

 

キャップの掃除をすること(2か月に1度ほど)

上記と同じ理由で、古いインクを除去するため。

キャップの中は特に見落とされがちとのこと。

モレが多いADHDタイプの自分としては、これを通してツメの甘さを改善できそう!

こじつけすぎる?

だとしても、気持ちが大事だからいいんです!

 

置くときは柔らかいものの上に置くこと

置くときは、1枚の紙の上でもいいからやわらかいものの上に置くといいそうです。

机の上などに直接置くとほんの少し傷つくそう。

といっても1度や2度じゃ全然問題ないレベルみたいです。

ただ、万年筆は長年使えるモノだから、そのときに差が出るとのこと。

できたら置く場所も決めてしまうといいそうです。

長年つかうので、大切に使いたいです。

置く場所の発想は思いつかなかったので教えてもらえてよかったです。

 

そういえば、以前、就労移行支援施設内の床に置いたものを机に置いたとき注意していただいたことがありました。「ご飯をたべるところでもあるし、すごく気にされる方もいる」と。

人の気持ちを考えるのが苦手なんです。

万年筆の置き方をとおして、そういう人の立場になって考えるクセが身につくかも。

 

忘年会ではシャツのポケットに入れない

これからシーズン到来の忘年会でよくあること、それは万年筆の紛失。。。

普段、頻繁に使いたいのでシャツのポケットにいれる方が多いそうです。

しかし、忘年会はお酒も飲んでいるし、人に見せて話す機会が増えるから、気づいたらなくなっていることが多いとのこと。

だから、もっていかないのが無難。

 

僕は、忘れ物や失くしモノが多いですし、ついつい好きなものについて話すぎてしまいます。

これは真剣に受け止める必要があります。

で、でも、お酒のみながら万年筆について話したい!

 

忘れ物なくす対処と、話しすぎない対処を身につけよう!!

 

まとめ

  • 遠いけど行ってみたい万年筆屋さん(E-Shop モリタ万年筆店 |)に行ってみた。
  • 遠かったので移動時間中、ペンを使う目的や使うと起きるうれしいことを考えた。そしたら、早速考えた「異国の人と万年筆トークで盛り上がる」を達成。(万年筆使うと夢がかなうというジンクスが生まれた気がする)
  • さらに、万年筆の使い方の説明を受けたら、ADHDの特性や自分の苦手な分野について愉しみながら対処できる気がした。
  • そんなこんなで、見てるだけで幸せな気分になるお気に入りのモノを買うことができた。
  • 結果、使えば使うほど、どんどん幸せになっていくという自信が妙にある状態に。人生100年時代、このペンがあれば愉しめる!

 

とっても幸せな買い物をすることができて、よかった!!